顎関節症・噛み合わせ治療センター >> 患者様の顎関節症治療体験談 >> マウスピースによる顎関節症治療の功罪

マウスピースによる顎関節症治療の功罪

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.10

顎関節症の患者様Vol.10

  • 女性
  • H・M様
  • 2013年9月

オーク銀座歯科クリニックに通い始めてから、もうすぐ2年半になります。
始まりは、左顎の痛みから、ある口腔外科で顎関節症と診断されてマウスピースを作ったことでした。

最初は左顎周辺の痛みでしたが、マウスピースを使用した事で、なぜか右顎が開けづらくなってしまいました。すぐに受診しましたが、特に調整もしてもらえず「顎は左右つながっているものだから・・・」と、なんとも納得できない説明をされ帰されました。

その後、様子を見るようにと言われたものの、右顎の調子も改善しないので、不信感を持った私は、家からわりと近いところに顎関節症の治療に力を入れているという(ホームページもしっかりありました)歯科医院をみつけました。

そこでの治療は、コンピューター診断により顎の正しい位置を探し出して、その位置でマウスピースをつくるというものでした。
ですが、その出来上がったマウスピースがとにかく固くて、分厚いのです。就寝時に装着すればいいとのことでしたが、あまりの厚さに寝ることはもちろん、口を閉じることさえもできませんでした。
何度かマウスピースの調整を繰り返しましたが、その度に顎の位置が変わり、かみ合わせまでおかしくなりました。
頭痛、首のコリ、背中の痛み等、体全体が不調に陥ってしまったのです。自分の元々のかみ位置が分からなくなってしまいました。

 精神的にもすっかり参ってしまい、ネットサーフィンの末、半信半疑でしたが、まさに藁にもすがる思いで辿り着いたのがオーク銀座歯科クリニックでした。

初めてのカウンセリングの際、使用していたマウスピースを見た難波先生が、「ここで治療をする、しないにかかわらず今日からこのマウスピースはおやめください。こんなものを続けていたら廃人になりますよ」と言われたことをよく覚えています。

オーク銀座歯科クリニックでの治療は、まず正しい姿勢指導と、先生によるトリガーポイント療法でした。
これが皆さん言っておられますが最初は本当に痛いんです。内心、逆に悪化するんじゃないか・・・と思ったほどです。
私の場合、長年の姿勢の悪さからくる歪みや、慢性的なコリがひどく、なかなかほぐれずに、このトリガーポイント療法を20回近く受けたと思います。

補綴治療に入ってからは、少しずつゆっくりとしたペースで進めて頂きました。
詰め物でも、被せ物でも、先生は最初は少し高めに作られるようで当然大抵の場合、調整が必要になります。
先生曰く、「低く削りすぎたらアウトなので」ということで、調整の時は削るというより研磨するように本当に少しずつされているようでした。時には1本の歯に何度も何度も調整をお願いすることもあり、申し訳なく思いましたが、その都度、快くしていただき感謝しています。

また、歯科衛生士の小西さん(杉本さん、串田さんは辞めてしまわれたそうで残念です)、受付の大林さんにも大変お世話になりました。
もともと歯科治療は痛い・・・というイメージがあり苦手でした。更に初めてのブリッジや予定外だった神経治療など、途中不安な事も多々ありました。
そんな時に支えになって頂いたのがスタッフの皆様です。
多忙な先生には聞けない様な些細な疑問にも丁寧に応対していただき、また不安な気持ちを汲み取っていただけたと思います。皆さん明るくて笑顔が素敵な方達です。
ありがとうございました。

これからは、姿勢の大切さを忘れずにメンテナンスと予防の面でお世話になりたいと思います。

難波先生はじめ、スタッフの皆様、今後ともよろしくお願いします。

医院情報

アクセスマップ

オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ治療センター

院長 難波 郁雄
TEL:03-3535-8883

〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座3F

診療時間  ※完全予約制
10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※受付は18:00まで

診療日案内

  • オーク銀座クリニック オフィシャルサイト
  • オーク銀座クリニック ドクターズコラム
  • Doctorbook