顎や首が改善する歯科医療

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.2

顎関節症の患者様Vol.2

  • 女性
  • H・W様
  • 2007年8月
 

クリニックとの出会い
オーク銀座歯科クリニックとの出会いは、親知らずの治療から始まりました。仕事中に親不知が痛み出し、職場の近くですぐに見てもらえるところを探し、このクリニックに駆け込みました。

親不知を抜くまでは問題ありませんでしたが、その頃忙しく体力が落ちていて、傷口の治りが遅く痛い思いをしました。それでも、先生が状態を説明しながら時間をかけて丁寧に治療をしてくださったので、安心でした。

また、先生は、スウェーデンの先進的な治療と比較しながら、今の日本の歯科の問題点を語られ、スウェーデンでは80歳になっても自分の歯が25本残っていること、小さい頃から予防治療をしていること等を教えてくださいました。治療が長引いたにも関わらず、お話を通して「この先生なら、安心して診てもらえる」と思うようになりました。

生活習慣からの指導
親不知の完治後は、歯科衛生士さんに、歯茎の健康チェックや唾液検査をしていただきました。その時に普段の食生活を聞かれ、「物を食べたり、砂糖入りの飲み物を飲むと、口の中が糖分で酸性になり虫歯になりやすくなるので、間食を控え、お茶か水を飲んだ方が良いですよ」とアドバイスされました。

また、歯の磨き方も教わりました。実際に歯科衛生士さんが歯を磨いてくださるのですが、今までちゃんと磨けていなかった部分がどこなのか、感触で実感できました。いくら治療しても普段からちゃんと磨いていないと、虫歯リスクは大きくなるので、それ依頼、教わったとおり丁寧に磨くようになりました。

ここまででも、「だいぶ親切な歯医者さんだなぁ。」と思っていましたが、さらに驚いたのは、生活習慣まで指導されたことです。口を閉じる時「ゴキッ」と顎が鳴る顎関節症の私に対し、先生は治療の度に「(横を向いて寝ると顎に荷重がかかるので)寝る時は大の字で寝る」「(姿勢が良くなるように)椅子には寄りかからずに丹田【タンデン:おへそのちょっと下】に力を入れる」「(骨盤が曲がるから)足を組まない」「(首が鞭打ちのような状態になるから)電車の中で居眠りしない」と生活チェックしてきました。姿勢や生活態度が全て歯や顎の悪さにつながるというのです。自分に甘い私は、最初の頃はいつもの癖で足を組んだりしたのですが、最近は全く組まなくなりました。

他にもバスタオル枕の作り方、食いしばりによる顎の変形、頬杖の怖さ等、色々と教えていただき、ちょっとずつ実行していたら、いつのまにか顎の鳴りや首の痛みがだいぶよくなった気がします。自分の悪い癖を知っているかいないか、普段からそれを意識するかしないかで、生活が変わり、顎や首の状態も改善しました。

セラミックインレー
ある日、虫歯の跡をセラミックインレーにすることをクリニックに進められました。決して安い治療費ではありませんが、やることに決意しました。当初、虫歯の治療跡が8本(奥歯2本ずつ)、前歯が欠けた治療跡が1本ありましたが、被せ物を取ってみると、9本すべて虫歯になっていました。1本は神経まで抜く深い虫歯に。世の中には銀歯等のインレーではない治療跡の方がたくさんいますが、「その下は一体どうなっているんだろう?」と想像すると正直怖くなりました。

約1年、根気よく通い、今月末に無事9本の治療を終える予定です。その時できる最善の方法を提案していただきながら、最後まで丁寧で確実な治療をしてくださった先生とクリニックの皆さまに、とても感謝しています。

治療を終えて
通い始めて1年以上経ちますが、仮歯の時はご飯がかめないほど痛い時もありました。治療中に痛さで泣いたこともありました。(もちろん、平和に終わった日も何回もありますが…。)

これからも健康な歯でおいしくご飯を食べられる幸せをありがたく感じながら、日々のケアと定期的な診断を怠らず、生活態度もより意識して過ごしていきたいと思います。

医院情報

アクセスマップ

オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ治療センター

院長 難波 郁雄
TEL:03-3535-8883

〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座3F

診療時間  ※完全予約制
10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※受付は18:00まで

診療日案内

  • オーク銀座クリニック オフィシャルサイト
  • オーク銀座クリニック ドクターズコラム
  • Doctorbook