全身と噛み合わせは繋がっています。トータルな身体のバランスを考えた顎関節症と噛み合わせ治療をプライベートな個室空間で行っております

全身と噛み合わせは繋がっています。トータルな身体のバランスを考えた顎関節症と噛み合わせ治療をプライベートな個室空間で行っております

院長からのメッセージ

院長・難波郁雄

こんにちは、東京は銀座で顎関節症、咬合(噛み合わせ)異常の専門の歯科医師をしている難波郁雄です。

巷で行われているスプリント療法(マウスピース治療やプレート療法とも呼ばれている)を16年間一度も使用することなく患者さんの抱える顎の不調を解決しています。

確かに1980年代後半から1990年代前半に顎関節症にスプリント療法を適応することがスタンダードになった時代もあります。

しかし、スプリント療法の作用・効果を正当に評価する目的で、信憑性の高い(RCTランダム化比較臨床試験)による研究が1990年代に相次いで発表されました。 1980年代のスプリント療法の全盛期には、その有効性が高いと結論づける研究も多かったのですが、それらの研究のほとんどは、EBM(科学的根拠)に必要とされる条件を十分に満たしていないため、信頼性に欠けることが明らかになりスプリントの有用性を再検討する必要が出てきたからです。

1994年のDaoらの報告によるスプリントの形態や、そもそも使用する意義はないという結論により、私自身も1998年よりスプリント療法を行わずに臨床を行うようになりました。

当ホームページでは、顎関節症や咬合病と呼ばれる噛み合わせ異常の患者さんへ役立つ情報を掲載しておりますが、オーク銀座歯科クリニックのオフィシャルホームページには、補綴治療という観点から患者様の治療選択に役立つような情報を掲載しておりますので、そちらも合わせて見て頂ければ嬉しい限りです。

オーク銀座歯科クリニック

医院情報

アクセスマップ

オーク銀座歯科クリニック顎関節症&噛み合わせ治療センター

院長 難波 郁雄
TEL:03-3535-8883

〒104-0061
東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座3F

診療時間  ※完全予約制
10:00~13:00 / 14:00~19:00 ※受付は18:00まで

診療日案内

  • オーク銀座クリニック オフィシャルサイト
  • オーク銀座クリニック ドクターズコラム
  • Doctorbook